子どもが歯医者を嫌がる時の魔法の言葉がある?

子どもにしっかりと歯磨きをさせるコツ

子どももしっかりと理解すれば歯磨きができるようになる!

生まれたばかりの頃は、その天使のような容姿や日々変わりゆく表情の変化に愛おしさを感じ、手足を活発に動かしておもちゃで遊べるようになったり、離乳食が始まり、色々なものが食べれるようになると、可愛いだけでなく、親として注意すべきことも増えてきます。
歯の生え始めはむず痒いため、歯固めやガーゼなどを使って、歯茎を優しく刺激してあげたりします。
これは、後に歯磨きへと繋がる行為でもあり、この時期は親子のコミュニケーションにもなる、大切なことです。
離乳食が進むにつれ、早ければ0歳から、遅くても1歳になれば歯も生え始め、それとともに本格的に「歯磨き」もスタートします。
そこで、ほとんどの家庭でぶち当たるのが「仕上げ磨きの壁」です。
最初の慣れていないうちは、口を開けていること自体に違和感があり、口をすぐに閉じてしまったり、「歯磨き」を理解できていないうちは、歯ブラシも理解できないため、かじってしまったり…
逆にこの時期はまだよかったものの、子どもの意思が芽生えるにつれ、歯磨き自体を全面拒否するイヤイヤ時期になることが大半です。
この時期は、楽しいこと、新しいことに興味津々である反面、興味が無いことには見向きもしなくなる傾向があり、特に歯磨きにはそれが顕著に表れます。
毎日の苦戦に、お手上げ状態で諦めてしまう方もいれば、羽交い絞めにして強制的にこなす方もいますが、どちらにせよ、親としては罪悪感もあり、ストレスになるものです。
しかし、いざ虫歯になってしまったら、それこそ可哀相な思いをさせることになりかねませんので、まずは、「やりなさい」ではなく「一緒にやろう」「虫歯退治に出発!」などと親が楽しそうに誘うところから始め、できた時は、「退治完了!スッキリしたね」とできたことを褒めてあげましょう。
子どもの意思と性格を大切にしながら、その子に合った歯磨き法を見つけていきましょう。

子どもの「ハミガキ」に苦戦!誰もがぶつかる壁

とりあえず毎日の歯磨きをしてくれればそれでいい…と思っていませんか? 子どもも、目的が不明なことにやる気を出せません。 小さいうちから、しっかりと歯磨きを習慣にするためには、歯の役割や歯磨きの必要性などをわかりやすく教えてあげましょう。 子どもなりにイメージができれば取組み方も変わるはずです。

子どもが歯医者を嫌がる理由

子どもは歯磨き以上に「歯医者」は大嫌いです。 大人と違い、歯科にかかったことも、虫歯になったことがなくても嫌いなのは何故でしょうか? それは、大人が歯磨きの時に「歯医者に連れて行くよ」などと脅し文句に似た言葉を放ち、子ども自身へ知らない間に歯医者=怖いところという先入観を植え付けているためです。

子どもが見違えるように変わる

歯磨き1つにしても、他のことにおいても、子どもをやる気にさせる「力」というのが存在します。 それは、親が放つ「褒め言葉」です。 決して子どもにずっと張り付いているのではなく、適材適所で親がかける褒め言葉は、子どもにとっての「魔法の言葉」となり、それは子どもの自信へと繋がっていきます。